フェリージの歴史、日本上陸など、ブランドの歴史から最新のファッションまで、ファッションに関する情報をお届けするブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あなたもぜひ スポンサーサイト への口コミ情報をお寄せください
口コミ情報
   ※お寄せ頂いた口コミ情報すべてを掲載するものではありませんのでご了承ください

フェリージの歴史、日本上陸

BoAってもう24歳なんですね。
見るたびにオトナっぽく見えるBoa、そんなBoaが
ファッション誌「NYLON」7月号のグラビア撮影を行ったようです。

色んな衣装を身にまとい、周囲の関心を集めています。

Boaと言えばキレある迫力満点のダンスが印象にありますが、今回の写真では
麗しさ、成熟が引き立つ雰囲気を醸し出し、新たなBoaの一面を見せているようです。
10代の頃はただただ可愛かったBoaさん、「NYLON」7月号ではより
女性らしい姿を披露しているんでしょうね。



フェリージと言えば、ビジネスマンや多くの女性の間で密かに注目されているブランドです。

バッグはもちろんのこと、ウォレットやベルトなどの小物まで、シンプルで大人の雰囲気を
醸し出すデザインが幅広い人達の間で人気となっています。

そんなフェリージの歴史を見てみましょう。

フェリージは、1973年に、イタリアの北部にある、フェラーラという古都で誕生しました。
フェラーラはルネサンス文化の中心地として栄えた美しい街で、現在は世界遺産にも
登録されているほどなんですよ。

アレッサンドロ・フェリージとアンナ・リザ・フェッローニの2人が「新しい事を始めたい」という
情熱だけで、独学で革製品の製作を学んで、小さな革工房をスタートさせたのがフェリージの
始まりです。
フェリージ最初の製品はベルトでした。

製品のクォリティーとデザインを追求して作られた彼らの製品は、徐々にではありましたが
注目を集めていきました。

1996年にはドメニコ・ベルトラー二がデザイナーに加わり、レトロでモダンなフェリージの独特の
スタイルが完成しました。
こだわりのデザインにも一層の磨きがかかり、フェリージのブランドバリューが一気に
高まりました。

現在では50人の職人を抱える会社となったフェリージ、、生産数は決して多くはありませんが、
大量生産では伝えきれない独特の温もりとモダンなデザインを持つ製品を作り上げ世に
送り出しています。


多くのセレクトショップで日本でも取り扱われています。
1987年にフィーゴが日本で展開を始めたのが日本で取り扱われるようになった最初だそうです。
初めは「無名ながら一流品を提供している」という位置づけだったフェリージですが、
現在では、日本にたくさんの愛用者を持つブランドとして認知されています。


あなたもぜひ フェリージの歴史、日本上陸 への口コミ情報をお寄せください
口コミ情報
   ※お寄せ頂いた口コミ情報すべてを掲載するものではありませんのでご了承ください

まとめ ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]

Copyright © ファッションとブランド情報をお届け All Rights Reserved. 当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。