フェリージなど、ブランドの歴史から最新のファッションまで、ファッションに関する情報をお届けするブログです。

フェリージ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サルエルパンツと言うヒザ下丈で腰周りがゆったりしたズボンがこの夏流行っているようです。
ダイエットに失敗した(!?)体型を見せたくない女性達が好んで履いているんだとか(笑)


イスラムの民族衣装の意味をもつサルエルはズボンを意味します、裾を絞ったものが
多いのがその特徴。
民族衣装と聞くとその奇抜なデザインにちょっぴり抵抗がある人もいるかもしれない、けれど
一般の人も履けるようにデザインに工夫を凝らしたものも販売されているようだ。


    

サルエルパンツの足元にはパンプスやサンダルがおすすめ!下がゆったりとしているので
上半身はビシッと決めて下さいね。上下ともゆったりした服装はダラ~っとした印象を
与えてしまいますから。
丈が短めのジャケットやシャツに合わせるとバランスよくまとまるそうです。



上質な素材にこだわったフェリージの遊び心あふれる小物類を紹介します。

ビジネスマンや働く女性にも愛用されているフェリージ。
ビジネスシーンに活用できる小物も豊富が揃っているので
フェリージはビジネスマン・ビジネスウーマンに愛用されています。

特にフェリージのシステム手帳は人気があります。フェリージが得意とするレザー製ですから
使い込むほどに味が醸し出され、手放したくない逸品となることでしょう。
人気カラーは落ち着いた赤茶やグリーンですが、明るいスカイブルーや
アプルグリーンなど可愛いカラーもあります。

システム手帳のレフィルですが、フェリージ専用のものにこだわるのなら、早めに入手した方が
いいです。レフィルは他のものでも代用可能なので、そこまで神経質にならなくても
よいですけどね。


手帳と一緒に、ペンケースもフェリージで揃えると、さらにお洒落度がアップします。
レザーのペンケースは、写真からも分かるように使い心地が抜群。
ホント、オシャレなペンケースですよね、あなたのデスクにさり気なくこんな
ペンケースが置いてあったら・・・





ビジネスマンの必須アイテムで名刺入れも人気があります。
フェリージのシンプルなデザインはレザーの素材の良さを際立たさせているから。
丈夫で傷がつきにくいので、中が傷むこともほとんどありません。
カラーも豊富なので、きっとお気に入りが見つかるはずです。

名刺は大体50枚くらいは入れることができるから十分な収納力です。
毎日のビジネスシーンでフェリージの小物を目にする度に活力が湧いてくるのでは
ないでしょうか。


革財布ならこちらもどう?





梅雨が明けましたね!
東京は連日の真夏日を記録しています。

待ち行く人はハンカチを片手に汗を拭っていました。日焼けしたくない女性は
まるで溶接工が溶接をする時に装備するヘルメットのような帽子を被り、さらに
アームウォーマーと見るからに暑そうな服装をしています。
やはり女性にとって夏は嫌な季節なのかな?


せめて見た目だけでも涼しさを演出してみませんか?
今年は透けブラウスや透けチュニック(ブラウスより丈がやや長い)が流行っているようです。

透けブラウス!?恥ずかしそうだなぁ、と思われるかもしれませんね。
でもそこは視点をちょっと変えてみましょう。
透けた中身にポイントを置く事で透け見せファッションが演出できるのです。
某デパートの販売担当者によると20代から50代まで幅広い女性が購入している
そうです。

キャミソールやタンクトップなど中に着るものを変えてオン・オフの場面を
楽しんで見て下さいね!



フェリージと聞けば革製品などの一流ブランド、バッグや小物などのアイテムがありますね。

フェリージのデザインが多くの人に愛されているのは落ち着いた雰囲気がありながら、
それでいて遊び心もあるからではないでしょうか。

見た目もさることながら、その素材や機能的な面も品質にうるさい日本人にとっては
重要な部分。
フェリージの製品に使用される革は、上質な素材だけにこだわり、細かく厳選されたもので、
ベジタブルタンニンなめし”によるナチュラルレザーが特徴です。

”ベジタブルタンニンなめし”と聞いても何のことだかサッパリ分からない人も多い事でしょう。

鞣し(なめし)とは、動物の「皮」になめし液を使って、腐敗を防止することです。
なめし加工をする事により製品に使用できるような「革」が出来るわけです。

ベジタブルタンニンなめしは、昔から使用されている樹木エキスを使って、革質を
安定させる方法です。
その方法は植物に含まれているタンニンと、革に含まれるコラーゲンを結合させて、革の
繊維組織を安定させるのです。

化学薬品は一切使わず、天然素材のタンニンを使っているので安心して
使用できますね。

また、ベジタブルタンニンなめしによる革は形状の変化が少なく、素材そのものを丈夫にし、
摩粍に強くするなどの利点があります。
その一方で、時間と手間がかかり、同時にコストも高く付くので最近ではあまり用いられる
ことのない贅沢な加工法ともいえます。


現在の革なめしの主流になっているものは、「クロームなめし」と言われる
金属溶液を使用したものです。
耐水性に優れており、見た目がテカテカした感じの革が特徴です。

フェリージの製品は、ベテランの職人が丁寧にベジタブルタンニンなめしを施した革を用いて
作られています。大量生産では表す事の出来ない、独特な温もりをもつ製品、それが
フェリージブランドを築き上げてきました。

ベジタブルタンニンなめしの革は使い込んでゆくほどツヤ感が増して、深い味わいが
出てきます。
だから愛着を持って長く愛用したい逸品となるのです。




梅雨の中休み、全国的に気温は真夏日に向けて急上昇!場所によっては
35度以上の猛暑日になるのかな!?
本格的な夏の到来までもうすぐですね。今年は例年の並みの暑さが予定されていますが、
どうなる事やら・・・

昨日は世界中に衝撃を与えるニュースがありましたね。
マイケル・ジャクソンさん急死の報が世界中を駆け巡りました。
ロンドン公演を前にして、50歳という若さでこの世を去ってしまいました。

今後、色んな憶測が飛び交おうと思いますが、私は彼は人生をとことん楽しんだでは
ないかなぁと思います。
あれだけのスケールで生前を遊び尽くした人は近年ではいないのではないでしょうか?
時にその行動を奇行と報道されたりしましたが、マイケル・ジャクソンは凡人とは違う
次元で生きていた、そんな気がします。



前回に引き続きフェリージについて記事を書こうと思います。フェリージの財布と聞けば
通称「コロコロ」と呼ばれる財布を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。
その名の通りコロッとしたキュートなデザインが女性だけでなく、男性にも
ファンが多い人気の商品がコロコロです。

  
  


でもフェリージの財布はコロコロだけではありません!

フェリージ独特の雰囲気を醸し出す温もりのある、シンプルだけど存在感のある財布が
他にも沢山あります。



収納力にこだわる方には「535」が一押しです。




長財布なら、サイズは18×10cmで、フェリージの新しいお財布です。コロコロの長財布だと、
カード類をしまうのに少々苦労しますが、こちらはカードポケットが4つ、お札入れが2つ、
大きな小銭入れまで付いています。

2つに分かれるタイプ、「452」もユニークで便利な財布です。

FELISI【フェリージ】二つ折り財布 コインケース付き 取外し可能カードケース付き 452-A ネ...


サイズは本体が11×10cm、セパレートできる方が10×7.5cmになります。
本体はカードポケットが4つ、お札入れが2つ、小銭入れも付いています。
セパレートの方にはカードポケットが付き、お札入れもあります。
がお札入れは縦の部分が若干はみ出ししてしまうかも。


コンパクトで味のある、ジップラウンドタイプのお財布「261」も素敵です。



サイズは11×12×1.5cmです。
ジップを開くと、カードポケットが4つ、お札入れ(畳まずに入れることができます)、大きく開く
小銭入れがあり、コンパクトながら、収納力もあります。

ファスナーのラウンドは、使い始めは少し固く感じるので使いにくいと感じるかもしれません。
でも、使い続けていくことによって味が出てくるのがフェリージのサイフです。
徐々にスムーズに開くようになり、手に馴染んできて大切にしたい相棒と
なると思いますよ。

フェリージにはどの財布にも、ワンポイントに紋章が刻印されています。
これがある事で一流ブランドの風格を漂わせます。
良い素材を使っているので、ずっと長く愛用する事ができるフェリージの財布。
一生ものといえるお気に入りの財布を捜してみてくださいね。



【フェリージ商品の取扱店】

フェリージを購入したいんだけど、どこに行けば購入できるの?という方の為に
フェリージの取扱店を紹介しますね。

もちろんインターネット全盛の時代ですから通販やオークションでもフェリージをゲットする
ことは出来ますが、革が自慢のフェリージ、やはり手にとってその感触を試したいものです。

フェリージ専門店(フェリージスペシャリティストア)は、
☆東京
☆大阪
☆京都
☆名古屋
☆福岡
☆広島
☆愛媛
☆香川
にあります。

その他にも全国各地にある数々のセレクトショップにもフェリージを取り扱っています。
ご存知「SHIPS」や「BEAMS」などにもありますが、EDIFICE、レディースではIENAが品揃えが豊富です。

その他、百貨店などでも取り扱っているところがあります。
2007年8月には、北海道初のフェリージ専門店である、「札幌三越 フェリージショップ」がOPENし、
北は北海道、南は沖縄まで、全国の百貨店でフェリージを取り扱っています。
詳しい情報は、日本の総代理店のフィーゴが運営するホームページで確認することができます。

もちろん、本家イタリアにも店舗はあります。
でも意外な事に、品揃えは少ないと聞きます。
ミラノとフェラーラにあるので、イタリアへ旅行へ行ったなら観光がてら
寄ってみてはいかがでしょう
BoAってもう24歳なんですね。
見るたびにオトナっぽく見えるBoa、そんなBoaが
ファッション誌「NYLON」7月号のグラビア撮影を行ったようです。

色んな衣装を身にまとい、周囲の関心を集めています。

Boaと言えばキレある迫力満点のダンスが印象にありますが、今回の写真では
麗しさ、成熟が引き立つ雰囲気を醸し出し、新たなBoaの一面を見せているようです。
10代の頃はただただ可愛かったBoaさん、「NYLON」7月号ではより
女性らしい姿を披露しているんでしょうね。



フェリージと言えば、ビジネスマンや多くの女性の間で密かに注目されているブランドです。

バッグはもちろんのこと、ウォレットやベルトなどの小物まで、シンプルで大人の雰囲気を
醸し出すデザインが幅広い人達の間で人気となっています。

そんなフェリージの歴史を見てみましょう。

フェリージは、1973年に、イタリアの北部にある、フェラーラという古都で誕生しました。
フェラーラはルネサンス文化の中心地として栄えた美しい街で、現在は世界遺産にも
登録されているほどなんですよ。

アレッサンドロ・フェリージとアンナ・リザ・フェッローニの2人が「新しい事を始めたい」という
情熱だけで、独学で革製品の製作を学んで、小さな革工房をスタートさせたのがフェリージの
始まりです。
フェリージ最初の製品はベルトでした。

製品のクォリティーとデザインを追求して作られた彼らの製品は、徐々にではありましたが
注目を集めていきました。

1996年にはドメニコ・ベルトラー二がデザイナーに加わり、レトロでモダンなフェリージの独特の
スタイルが完成しました。
こだわりのデザインにも一層の磨きがかかり、フェリージのブランドバリューが一気に
高まりました。

現在では50人の職人を抱える会社となったフェリージ、、生産数は決して多くはありませんが、
大量生産では伝えきれない独特の温もりとモダンなデザインを持つ製品を作り上げ世に
送り出しています。


多くのセレクトショップで日本でも取り扱われています。
1987年にフィーゴが日本で展開を始めたのが日本で取り扱われるようになった最初だそうです。
初めは「無名ながら一流品を提供している」という位置づけだったフェリージですが、
現在では、日本にたくさんの愛用者を持つブランドとして認知されています。


にほんブログ村 ファッションブログへ
まとめ ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]

Copyright © ファッションとブランド情報をお届け All Rights Reserved. 当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。