ブランドの歴史から最新のファッションまで、ファッションに関する情報をお届けするブログです。

ファッションとブランド情報をお届け・新商品・新着商品

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
何だか、銀座に新たなお店がオープンするたびに何百人、時には
数千人の長蛇の列が出来ますね。

本日(2009年12月15日)にオープンしたのは米国の
カジュアルウェブランド「アバクロンビー&フィッチ」(アバクロ)の
日本一号店です。
アジアでは初の旗艦店のようですね。


今まではアバクロの商品を直接買い物が出来なかった為に、アバクロの公式オンラインショップで
個人輸入をしなければなりませんでした。
でも、個人でアバクロの製品をするには輸入をする際の手数料、関税、消費税がかかる為、少量の
注文だと逆に割高になってしまう事がありました。
今回、待ちに待ったアバクロの出店を歓迎している人も多い事でしょう。


銀座には「ファストファッション」と呼ばれる低価格ながら
大人気のファッションブランドが林立しています。

日本のファッション業界を牽引する柳井正氏率いる「ユニクロ」、
ヨーロッパから上陸した「H&M」と「ZARA」、米国からは
既に「フォーエバー21」がオープンしていて、未だに開店前には
列をなしているようです。

私が子どもの頃は銀座と言えば高級街だったんですけどね。
もちろん高級店は今もありますが、低価格ブランドが続々と
進出する中でお客が流れているのではと思ってしまいます。
それとも住み分けはしっかり出来ているんでしょうか?


今回、日本初上陸のアバクロはセレブ達が愛用していると言う事で
しばらくはブームが続きそうですね。
ブリちゃんことブリトニー・スピアーズ、歌姫マライア・キャリー、
日本の女性を虜にしたブラッド・ピット、貴公子ベッカムと
元スパイスガールのヴィクトリア夫妻、日本でも歌姫の浜崎あゆみや
今年のCM王である木村拓哉らが愛用しています。


ファストファッションの主導権はどこのブランドが握るのか!?
個人的にはユニクロが好きですけど(笑)


先日、東レが2010年の新作水着を発表しましたね。
水着のキャンペーンガールとして鈴木ちなみさんがその水着を披露しました。

東レのテーマは’Healing Heart’=’心の癒し’です。
癒しのグッズが人気となっていますが、その波が水着までに押し寄せようとは!

この東レ水着ですがエコにも力を入れていて、リサイクル原料や植物由来の
原料を使って環境対策にも一役買っているそうです。
色づかいは女性らしさを演出するために淡い色や青系統の色を基調としているようです。
来年の夏は自然色の水着が海やプールで目立つかもしれません。

それでは、今回のブランドを紹介します。

A・ランゲ&ゾーネと言えばドイツの高級ブランド時計です。
精巧なゼンマイ駆動の手作り機械式時計にこだわり続け、クォーツは
使用していないA・ランゲ&ゾーネ、そこには時計作りへの情熱があった。

 A・ランゲ&ゾーネの創業は1845年に遡ります。宮廷時計師のもとで
時計職人として修行していたアドルフ・ランゲ(1815~1875年)が、懐中時計の
工房を構えたのが始まりです。

後に2人の息子も経営に参画し1868年にA・ランゲ&ゾーネブランドが
誕生しました。(『ゾーネ』とは’息子たち’という意味)

現CEOであるファビアン・クローネ氏はブランドの特長について
こう応えています。

「我が社の時計職人は『完全さ』に向けて常に全力を尽くす。一つの時計を
 作るのに8~15ヶ月かかるが、職人たちは前日の作業を再点検し、 
 より完全な製品にしようと努力し続けている」

                     (讀賣新聞2009年7月10日より)

A・ランゲ&ゾーネの時計は確かに高価です。一つが数百万・・・数千万円する
逸品もあります。でも一つの時計を作るのにこれだけの時間と熱意をかけている
わけですから仕方がないですよね。

そんなA・ランゲ&ゾーネの生産量は年間わずか5000個ほどだそうです。
A・ランゲ&ゾーネに携わっている人たちは機械式時計を心から愛しています。
例え外からは見えない内部構造の部品一つ一つまでに磨きをかけ
常に最高の逸品を身に付けてもらおうと努力し続けているのです。

この部品ですが簡単なもので200個以下、多いもので500個以上もの部品を
あの小さなフォルムの中で動いているようです!
驚きですよね、どうやったらそれだけの部品をあの狭い空間に詰める事が
出来るのか??正に職人技です。

日本市場についてクローネ氏はこんな事を言っていました。

日本とドイツは似ている、と。両国に共通するものづくりへの情熱・品質向上への
飽くなき挑戦がそうだ。
昨年(2008年)は日本国内で売り上げを伸ばした数少ないブランドの一つと
なったそうです。

     

どんな人が身に付けているんだろう??







11月ももう中旬、朝晩の冷え込みはもちろんのこと日中も肌寒く感じるように
なってきました。
ですが、今年は暖冬ですね。11月に入ってからも寒暖を繰り返し、時には
ポカポカ陽気があったりといつ冬物を引っ張りだろうか迷った人も多かったのでは
ないでしょうか?

でも、ようやく冬物のファッションを楽しむ事ができそうですね。

今日は誰もが知るブランドであるシャネルを紹介します。
シャネラーという言葉がえきるほど熱狂的なファンが多いCHANEL、一度その魅力に
取り付かれてしまうと、他のブランドが目に入らないくらいにのめり込んでしまう魅力が
シャネルにはあるようです。
昔、テレビで大阪のシャネラーおばちゃんが良く登場していましたけど、シャネルの持つ
存在感の大きさは目立ちたがりやの大阪のおばちゃんと意気投合していたのかなぁ・・・
 
 何故、多くの人がシャネルに魅せられてしまうんでしょうか?
一言で言い表すのは無ずかしいですね。10人のシャネラーがいれば10人がそれぞれ
CHANELの魅力を語るかもしれません。
それでもなお、シャネルのどこに魅力あるのか、その秘密を探ってみました。


 このブログで色々なブランドの歴史をときどき紹介していますが、シャネルの魅力もまた
同じで、そこにはココ・シャネルの生き様と調和した服作りへの考え方、これが
最大の魅力となっているのではないでしょうか?

シャネル女性用の洋服(ドレスやスーツなど)は、男性の服装をヒントに
デザインされているようです。

ココ・シャネルがシャネルのブランドを立ち上げたのは彼女が27歳の時(1910年)です。
ココ・シャネルはCHANELの創始者であると同時にデザイナーでもありました。

この当時の女性の服装と言えば、今では考えられないほどウエストを締め上げた
コルセットを身に付け、不自然なくびれを作っていました。見るからに息苦しそうな服装で
何故このような服装だったのか理解に苦しんでしまいます。

ココ・シャネルが、なぜ女性達はそんな思いまでして窮屈なコルセットを巻きながら
生活に耐えていたのか不思議で仕方がなかったと言っています。
そこで彼女は、当時のファッションに風穴を開けました。先ずはコルセットを外し、
さらに、快適に動き回れる機能性に富んだ洋服をデザインしたのです。

 女性服英国紳士服の仕立てを取り込み、動きやすさを考慮しスポーツウェアの素材として
使われていたジャージー素材の服を多くデザインしました。

従来では考えられなかった女性のパンツスタイル、、これもシャネルが提案し、そして
浸透させていったのです。
ココ・シャネルは同じ時代に生きた女性達に大きな影響を与えました。
これまでの常識に囚われない彼女自身の生き様=自由で開放的なスタイル、が
CHANELというブランドの根幹にあるのではないでしょうか。
シャネルの魅力、それはココ・シャネルの生き様そのものです。だからこそ多くのシャネラーの
心をガッチリ掴んで放さないんでしょうね。



三歩先行くファッション業界は早くも2010年の春夏の準備でてんてこまい!
来年も「レトロブーム」が続くようですよ。
ハイウエストパンツがキーワードかな!?

この秋、注目の映画「僕の初恋をキミに捧ぐ」10月24日より公開されました。
累計750万部突破を突破した青木琴美の同名大ヒットコミックを、人気若手俳優の
井上真央さんと岡田将生さん主演により映画化されました。

20歳までしか生きられない逞(=岡田将生)と彼を献身的に支える
繭(井上真央)、2人の心はすれ違い、想いはなかなか伝わらない・・・

何ともロマンチックなタイトルですよね!「僕の初恋をキミに捧ぐ」なんて。
自分の初恋はどうだったかな?と思い返してしまうかもしれませんね。

「僕の初恋をキミに捧ぐ」の公開を記念してシルバーアクセサリーの【THE KISS】
がコラボしたペアネックレスが販売されました!







”I give my first love to you(僕の初恋をキミに捧ぐ)”
 とさり気なく入ったシンプルなバータイプのトップに、
 劇中の中でもキーワードになっている「四葉のクローバー」をモチーフの
 チャームがセットになったペアネックレス。

期間も数量も限定のプレミアム品です!
来るべきクリスマスのプレゼントとしてもオススメの商品ですよ!!
世界ナンバーワンの腕時計と評される時計ブランドをご存知でしょうか?
そうです、パテック・フィリップこそ多くの著名人に愛され、過去の作品には競売で
天文学的な値がつくほどそのブランドは確固たる地位を確立しています。

(※2004年に、懐中時計「キャリバー89」が660万スイス・フラン
   =約5億6000万円で落札されています)

スイス産まれのPATEK PHILIPPEはそんな名声に奢らず、機械式時計の機能美を
追求しています。
しかし、そのブランドイメージを保つ秘訣を聞いてみると
「特別なものは何もない。毎日の仕事を誠実にこなし、最高の価値のある製品を
 作る努力を絶えず続けていくこと。」
と、現社長のフィリップ・スターン氏は言う。

  

パテック・フィリップの歴史は1839年に2人のポーランド人によって始まりました。

ジュネーブに亡命していた元ポーランド将校のアントワーヌ・ノルベール・ド・パテックと
時計師であるフランソワ・チャペックの2人です。

設立当初はこの2人の名前を取って「パテック・チャペック」という社名でしたが、
パテックがパリの博覧会で出会った時計技術者ジャン・アドリアン・フィリップの技術の高さに
惚れ込み、彼を共同経営者として迎え入れました。

1851年、現在と同じ「PATEK PHILIPPE」という社名に変更します。
この時の社是は「世界最高の時計をつくる」とあったようです。

フィリップ・スターン氏は日本市場について
「フィリップの製品を的確に評価できる文化があると思う。
と言います。

それは日本人がここまで経済発展を遂げてきた原動力となっている
”手を掛け丹念なものづくり”をしてきた歴史があるからです。


2009年からはパテック・フィリップ社独自の品質基準を満たした時計に
「パテック・フィリップ・シール」の刻印を始めました。これまでは
ジュネーブ州が定義した製造基準「ジュネーブ・シール」を採用していたようだが、
更なる厳格な品質基準を自らに課したようです。

かつては英国ビクトリア女王の名も顧客台帳に記載されていたパテック・フィリップ、
今後も高級ブランド時計を牽引していく事でしょう。

   


にほんブログ村 ファッションブログへ
NextPage
まとめ ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]

Copyright © ファッションとブランド情報をお届け All Rights Reserved. 当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。